【Spring Step Practice Video】二の腕引き締め作戦

Beauty Lifestyle
2019.05.23

Holistic Beauty Consultant / CHICO SHIGETA

ジャケットを脱いで涼しげな装いを楽しむ季節になると、うれしくてうれしくて、ノースリーブのワンピースが着たくなります。そしてふと目に入る自分の二の腕。「もう少しだけ引き締まっていたら、全体のバランスがきれいになるかもしれない。」と思うことも。

筋トレをして引き締めるには時間が必要だから、他の方法で少しでも引き締める方法はないか?という考えがよぎりスタートした二の腕引き締め作戦。

 

そもそも、「二の腕のたるみ」というと腕ばかりを気にしてしまいますが、たるみの元は脂肪だけではなく、肩コリによるめぐりの滞りが引き起こす「むくみ」でもあるのです。

めぐりの滞りは、腕だけに限らず、筋肉のこわばりによって起きます。このこわばりを取り除いてあげることで、血流やリンパの流れが改善されてむくみが取れていくのです。まずは、肩甲骨の外側をよく揉みほぐすことから始めます。

その際、むくみを取るのに効果的なエッセンシャルオイルを使うとさらに効果的です。

 

体の腕というパーツは、日常何気なく使われ、かなり酷使をされています。一日中パソコンを操作したり、重いバックをずっと肩にかけていたり、子供や猫を抱っこしたり…。

その長い腕は、小さなジョイント(肩)だけを頼りに体についているんです。そう考えると、腕の付け根がこわばって当たり前だと思いませんか?

 

まず最初に、腕の付け根(肩甲骨の外側)を指先に少しだけ力を入れてほぐすのですが、その痛さに驚く方も多いはずです。どれだけ疲れているかがお分かりいただけるはずです。

 

次に、肘から脇までを流します。親指を開き、手でLの字を作ってピタリと腕に当てます。その時に1本のラインだけではなくて、少しずつアングルを変えながら行うとさらに効果的です。二の腕も、流れの滞っている箇所には痛みを感じるでしょう。

 

最後に、脇のリンパ節をプッシュ(技術的にはポンピングと言います)します。リンパ節は、「門」の役割をしています。プッシュすることで、門を開いて滞っていた流れが体に戻るようにしていきます。

 

 

この3つのマッサージを行ってみて、初めと2つ目の動きで痛みを感じた方は、初めから最後までの動きを何度も繰り返してやってみましょう。強く行う必要はありませんが、じっくりほぐすことが大切です。痛みがなくなってきたら、回数を減らしてみてください。

 

PROFILE

CHICO SHIGETA 

SHIGETA主宰、ホリスティックビューティーコンサルタント。
美しい肌と体を育むためには心身のバランスこそが不可欠と考え、長年フランスおよび日本にてビューティーメソッドを探求。その経験と実績をもとにバイタリティー・コーチング®を考案。
現在は、パリのセレブリティやアーティストのためのパーソナルコーチとして活動するほか、大手化粧品会社や美容機器会社のコンサルティング及びブランドスポークスマンとしても活躍中。
近著に『「リセットジュース」を始めよう~パリ美人のダイエット』(講談社刊)など、著書多数。

www.shigeta.fr

Spring Step News Letter
のご登録