遂にやってきた2020年のオリンピックイヤー。新しい時代がやってくるこの変革期に、心得ておきたいこととは? 青木良文

Way of living Women's life Lifestyle
2020.01.02

Editor / 青木良文

東京でのオリンピック開催が決まってから早くも7年が経ち、迎えてみるとあっという間にやってきた2020年が、いよいよ幕を開けました。

色々な意味で節目になりそうな今年は、風水では「七赤中宮年」で“金”の気を持つ年となり、豊かさや充実感がテーマに。


“幸せ”や“満たされた”という想いが、運をどんどん増やしていくそうなのです。

だからこそ、充実感や、幸福感を得ることを意識して、毎日を楽しく過ごしたいですね。


サステイナブルな活動も本格化していく中で、本当の豊かさやラグジュアリーの意味を見出していく年にもなりそうです。


そしてもうひとつ、2020年は約200年続いた“地”の時代から“風”の時代へと大きくシフトチェンジする変革期。

物質的なものから、風のように目に見えないものが大切になるとも。

さらにモノ消費からコト消費になったり、所有からシェアになるなど、価値感も大きく変わっていきそうです。


そんな風の時代に大切にしたいことと言えば、

“印象”“ご縁”“気持ち”“思い”など、目には見えないこと。


女性の美しさも、見た目よりも、その人の持つ印象になってきそうです。

中でも“肌印象”と言われるくらい、肌は印象を大きく左右するパーツ。


さらに“風”の時代は、風にぶれない自分の軸を保つための、自己肯定感もキーワードに。

その自己肯定感を高めることのひとつが、自分の肌に触れることだそう。

以前CHICOさんに「自分の肌に触れることは自信に繋がる」とも教えていただきました。


なので、これからの時代、肌に触れる“スキンケア”がとても重要なアクションになりそうです。

女性は水の気でできているとされ、水の気を持つ肌からたくさんの情報を得るとも。

肌に触れている時は、その見えない思いが自分の中に入っていきやすく、それが印象にも大きく反映しそう。

「面倒くさい」「疲れた」という感情でケアするよりも、「今日もイケてる」「気持ちいい」など、ポジティブな気分でケアすれば、印象もどんどんブラッシュアップされていきますね。


運気の観点からしても、スキンケアをすればするほど、きちんと自分に返ってくるもの。

ポジティブな感情で肌に触れて、印象をクリアに。


もうひとつ、来る風の時代は軽やかさもポイントに。

断捨離はもちろんのこと、自分を縛っているルールや状況を見直したり、足枷になっている人間関係をクリアにしたり、新しいご縁と繋がるためにも、あえていま手放すことも必要となりそうです。


ちなみにラッキーモチーフは豊かさを象徴する丸。

ラッキーカラーも、ハッピー感満載のピンクとイエロー。

毎回の食事を美味しくいただくことや、良い言霊を発すること、そしてオーラルケアが幸運を呼ぶ鍵となるそうです。

 


2020年は、笑顔で軽やかに、感謝と幸福感を持ちながら、新しい時代の風に乗っていきましょう。

PPROFILE

YOSHIFUMI AOKI 青木良文 / エディター

ファッション誌『フィガロジャポン』をはじめ多くの女性誌で、 主にファッションと占いページの編集を担当。パリやNYなど各国 のコレクション取材やファッションページのディレクションのかたわら、占いページの編集にも定評がある。『VOCE』でも”月刊 ハッピーコスメ”をはじめ、『VERYweb』や『ミモレ』 などで好評連載中。そのほかラジオやトークショーなど幅広いジャ ンルで活躍。
ほかに人気セレクトショップ「Drawing Numbers」でのラッキーアイテムのバイイングや、『WWD 』 の雑誌アカデミーショーでは占いの分野で特殊技能賞を獲得した。

Spring Step News Letter
のご登録