【幸せを次々と引き寄せる元普通の女の子に聞きました】運も才能も関係ない! 夢を全て叶える方法とは

2020.01.09

1

そもそも「幸せ」とは?

Spring Step :  Happyちゃんは、これまで、エイブラハムの「引き寄せの法則」を独自の視点で実践し、次々と夢を実現していらっしゃいます。そして引き寄せについて、若い人たちへとてもわかりやすく解説して伝えていらっしゃいますよね? Happyちゃんの動画、本、そしてブログ(現在は終了)を見た若者たちから信頼を集めているのは、きっとみんなHappyちゃんの方法で引き寄せを実践して実現したからだと思います。

でも、まだまだ世の中には幸せになりたいと思っていてもその「幸せ」がすごく漠然としている人たちがほとんどだと思うんです。何を「幸せ」と感じるかは人によって異なりますし、これをやれば運が開ける、というものがあるわけでもないですよね。まずは、自分にとっての「幸せ」の見つけ方から教えてください。

 

Happyちゃん :  例えば、車が欲しい、会社で一番の業績を上げたい、転職したい、引っ越したい、好きな彼と付き合いたい、という思いは誰もが持っています。全て、物・人・環境を「どうにかしたい」ということにフォーカスした思いです。でも、自分はなぜ「それ」を欲しいと思っているのか、その点についてきちんと理解していない人がほとんどです。

 

私たちがなぜ何かを欲しいと思うのか。その理由は、それを手にしたら「気分の良さ」を感じられると思っているからなんです。あの家に住んだら気分が良いだろう、あの人と付き合ったら気分が良いだろう、一番を取ったら気分が良いだろう、といった具合に。根本にあることは全て同じでとてもシンプルです。今よりも気分が良くなりたい、ただそれだけです。

 

ほとんどの願望は気分の悪さから出発しています。今自分がいる場所が嫌だから変えたい、今一番を取れていないことが嫌だから取りたいというふうに。気分の悪いところから出発した旅は、絶対にハッピーエンドにはなりません。これが「引き寄せの法則」の神髄です。気分の悪さと気分の良さは、絶対にくっつかないのです。

 

Spring Step : プラスとマイナスの磁石と同じですね。

 

Happyちゃん :  世の中には何でも願いを実現させていく人もいれば、反対に何をやってもうまくいかない人もいますよね? 私は今まで、それは全てその人が持つ運や環境のせいだと思っていました。でも、5年前にそれが全くの間違いであったことに気がつきました。そして、そこから私の人生はガラリと変わりました。

 

願いを叶えるために必要なことは、運でも、才能でも、経験値でもないんです。今からご紹介する引き寄せの法則は、特定の人にだけ通用するものではなく、誰にでも出来る方法なのでぜひみなさんに実践していただきたいです。

 

2

願いを実現する人と実現できない人の違いは?

 

Happyちゃん : 何でも望みを叶えている人は出発地点が違います。成功者は、いつも「気分の良い」ところかスタートしています。今すでに楽しいことをしているけれど、あそに行けばもっと楽しくなるだろう、という考え方です。「気分の良い」ことから出発した思いは必ず実現します。反対に、「気分の悪い」ことから出発すると、欲しいものはさらに遠ざかっていきます。

「気分の悪い」ことから出発した人がいくら頑張っても、「気分の良い」ところから出発した人には追いつけません。それどころか、余計に気分の悪さを引き寄せてしまい、さらにうまくいきません。そして最後には道の途中で倒れてしまいます。

ただ、倒れることで力が抜けてインスピレーションが沸いてくる、ということもあるので一概に悪いことではないんですよ。

 

Spring Step :  早く気がつくことで、無駄な努力をせずに済むということですか?

 

Happyちゃん : そうです。以前私が働いていたレストランでは、正社員も派遣社員も朝の7時から夜中の1時まで働いていました。耐えられず辞めていく人もたくさんいたのですが、昔は辞めていく人たちをみて根性がない負け組だ、と思っていました。当時の自分を含めそこで働いていた人たちの誇りは、自分たちは大変な環境にも耐えられる人間である、ということでした。でも今振り返ると、早く辞めていった彼らの方が(自分の人生の)勝者だったなと思います。

 

Spring Step :  自分は誰のために、そして何のために努力をしているのか、ということですよね。

 

Happyちゃん : 自分のやりたいことを成し遂げるための努力は、楽しくて夢中になるはずなんです。苦しいはずがない。ライバルが自分であれば楽しく努力できる。でもその頑張りが、社会に認められるため、あの人に勝つため、といった自分以外の何かのためになると急に苦しくなってゴールも見失います。

 

Spring Step :  自分の行きたい方向が分からないまま努力を続けることはすごく辛いですよね。まるで受験勉強みたいです。

 

Happyちゃん : 例えば今苦しい状況に置かれていて、本来持っている力の一部しか発揮できていないのにお給料をちゃんともらえていたら、自分の力を100%発揮できる状況に身を置けばもっと稼げるようになると思いませんか。苦しい状況にいる人は、ある意味とてもポテンシャルが高いとうことです。

 

Spring Step : 職場が自分の力を発揮できない場所だとしたら、仕事に行くことが嫌になるのは当たり前ですよね。仕事でやりたいことができたら毎日楽しくなって、満員電車だって苦しくなくなります。そうしたらきっと社会は大きく変わりますね。それこそ働き方改革。

 

Happyちゃん : 私たちが欲しいものはいつでも「気分の良さ」を感じることなんです。そこを無視してしまうと、途中で気分が悪くなってしまいます。

 

例えば、家が欲しいという願望が出てきたら、次に考えることはお金をいくら貯めてローンはどうするかといったハウツーです。でも、ハウツーに走ってしまうとなぜ自分は家が欲しかったのかという根本を見失い、お金を貯めるためにはまず給料を上げなくては、給料を上げるためには転職しなくては、転職するためには資格を取らなくては、と謎の思考に陥ります。行動をしていると願いに近づいている気分になりますが、実際は全然近づいていません。

 

Spring Step : 心をどこかに置いたまま行動をしてしまうから、謎の思考のループに陥ってしまうんですね。

 

Happyちゃん : そうなんです。全ては「気分の良さを感じたい」「喜びを感じたい」「楽しさを感じたい」「パワーを感じたい」「調和を感じたい」という心から始まっていることを忘れないことです。そして、今取っている自分の行動がその心に適しているのかどうか確認してください。そうすれば、やるべきことは自然に見えてきます。そして、そのときに見えたアイデアやインスピレーションは綺麗なエネルギーなので必ず具現化されます。

 

3

マインドチェンジは難しい! 自分から出る電波を変えていけばいい

 

Happyちゃん : 自分自身に望まないことが起きた時、嫌だという感情と共に「本当はこうしたい」という願望も浮かんでいるはずです。でも、願望が浮かんだ時にまた考えてしまうのが“望まないこと”。

 

例えば、マンションの騒音トラブルという望まないことが自分に起きた時、静かな場所の一軒家へ引っ越したい! という願望が浮かんだとしても、多くの人がその後に考えるのは、お金がないから引っ越しは難しい、子供がいて環境を変えられない、といったまた“望まないこと”です。

エネルギーが望む方向と望まない方向に分離してしまっている。そうなると次の一手は見えません。「望まないこと」に引っ張られてしまうため前に進めず、苦しくなる一方です。

 

Spring Step : ネガティブなことを考えない、というのはとても難しいことですよね。新しいことを始めるときは特に。

 

Happyちゃん : そう、無理なんです。ネガティブな思考が出てくることは当然のこと。マインドチェンジを簡単にできる人はそうそういません。

熱いお湯に触って冷たいと思えと言われても無理ですよね、反応的なものなので。無理してやってみたとしても不自然になります。それと同じことです。

 

では、どうすればいいのか。少しずつ自分が発しているネガティブな電波を弱めていけばいいんです。そのためには、まず望まない方向に思考が引っ張られているという事実に気がつくことが大切。そこに気がついたら考えることを一旦やめて、好きな音楽を聴いたり、ペットと触れ合ったり、気分を変えてみる。それを繰り返すことで、エネルギーの分離が小さくなっていきます。初めは「絶対にできない」と思っていたことが、「できるかもしれない」「できそう」「できる」に思考が変わっていきます。

 

何かがうまくいかない原因は、自分が発しているただの電波が原因なだけなのに、自分の人格、才能や経験値が原因だと思うからエネルギーが分離してしまうんです。

 

思考もダンスと同じで練習なくして出来るようにはなりません。トレーニングが必要なので少しずつ行っていけばいいです。

 

Spring Step :  私たち人間に流れている電気(気)の流し方をコントロールして、ネガティブなものを出す時間を減らしながら、少しずついいエネルギーで満たしていくということですよね? Happyちゃんはどうやってその考えにたどり着いたんですか?

 

Happyちゃん : エイブラハムの「引き寄せの法則」という本がきっかけです。雷が落ちたような衝撃を受けました。私はこの本を読み込んで、誰にでもわかるように翻訳して、みなさんにお伝えしています。

 

わかりやすさのお話でいうと、私はよく「現実はカタログギフト」だと言っています。カタログギフトは欲しいものにチェックをしたら手元に届きますよね。それと現実は同じことだということです。

例えば、現代ではSNSの影響もあって、社会の情報に飲み込まれやすく、他人のことが自分よりもよく見えてしまうことがありますよね。でも、他人ではなく自分にフォーカスを当てていれば、自分の世界は自分で作ることができるんです。SNSで知らない人が着ていたかわいい服をただ「いいな」と思うことは、自分と比較して相手の世界に入ろうとしていることなので、気持ちがネガティブになります。「いいな」と思ったら「それ、いただきます」と思いながら自分の中にデータとして取り込めばいいんです。うらやましいという感情ではなく、純粋に自分に浮かんだ「いいな」は実現可能です。

 

Spring Step : Happyちゃんの解釈やメソッドは本当にシンプルで、誰でもすぐに実践できますよね。

読者がもっと知りたいと思った場合、たくさんあるHappyちゃんの動画の中で何を最初に観るのがお薦めですか?

 

Happyちゃん : 実現リモコンをぜひ見てください!

 

PROFILE

Sachi Takekoshi 竹腰 紗智さん(Happy) 

瞑想アイドル。自分の中にある創造性に目覚め、どうやって望む現実世界を作り出していくか?その問いかけに応えるべく、日々探求し、様々な体験を積みながら自身の変化をリアルタイムで綴ったブログ、「世界は自分で創る」運営者。2014年からスタートした、このブログは瞬く間に大人気ブログとなり、開設からわずか2年で1日20万(月間400万)アクセスを記録。伝説のブロガーとして、老若男女問わず多くの人たちの生き方に一石を投じることとなる。

昨年新たにブログ『世界は自分で創る第2章「シルクロード物語」』をスタートし、2019年12月には、理論を学び、方程式を解いて、”私の答え”を見つける、「HAPPY理論研究所」を立ち上げた。

 

著書にはベストセラーとなった、「世界は自分で創る<上>」「世界は自分で創る<下>①」「世界は自分で創る<下>②」「世界は自分で創る<下>③」(ヒカルランド)、「3日後引き寄せ日記」「マンガでかわる幸せの教科書」(大和出版)がある。

 

Spring Step News Letter
のご登録