錆びついた本能や眠っていた力を覚醒。2020年が教えてくれた気づきとは? 安倍佐和子

Women's life Beauty Lifestyle
2020.10.29

Beauty Journalist/Editor 安倍佐和子

Photo : Spring Step 

激動ともいえる1年がゆっくりと幕を閉じようとしています。時折、星を読み解く方々の“2020年は時代の変わり目となる”といった話を思い出しますが、私たちは確かに変換期の渦中へと否応なく放り出されてしまったようです。

 

改めて美容目線でこの一年を振り返ってみると、浮かんでくるのはふたつのキーワードです。ひとつめが、以前にもレポートしたクリーンビューティ。そしてもうひとつがサステナブルサイエンスといったところ。SDGs達成のミッションやクリーンな価値観が求められる時代背景によって、遺伝子研究をはじめとするスキンサイエンスの分野でもエコな視点が台頭。これまで廃棄されていたものから新たな機能を見出す、あるいはジャンクとされ、見向きもされなかった遺伝子研究から画期的な働きを発見するなど、“無駄をなくす”“再利用する”アップサイクル発想が浸透。先進の皮膚化学の分野でも変革は確実に訪れているようです。

 

さて、人を取り巻く環境や美容の世界が大きく変化を遂げるなかで、肝心の私たちはどうあるべきなのでしょうか? 変わる? 変わらない? そしてここからが本題です。

私自身のことを例にあげれば、マスク装着があたりまえの日常下で、スキンケアは美しい肌のためだけでなく免疫力や治癒力の強化に注力するように。そしてメイクアップは人の目を意識せず、自分自身の心を明るく彩るため、と、美容と向き合う意識そのものが変化しました。そしてもうひとつ。不思議なのですが、五感の中でもっともプリミティブな感覚と言われる嗅覚が進化したよう。マスク着用によって外界から遮断されていることへの危機感か、マスクを外した途端に嗅覚が活性化。以前にも増して精油の香りをダイレクトに感じるようになったのです。

 

もともと嗅覚は危険を察知する能力のひとつですし、粘液や免疫力とも関与。本能的なものなのかもしれませんが、スイッチが押されるように嗅覚が研ぎ澄まされていくのを実感。とくに免疫力に働きかけてくれるマンダリンやゼラニウム、フランキンセンスは記憶の中枢までダイレクトに伝わるようで、ストレス禍において幾度となく救われた経験があります。感染症が嗅覚に影響を与えるという症例もあるいま、この変化は嬉しいギフトだと感じています。

 

また、免疫力低下を招きたくない危機感からか、体内時計であるサーカディアンリズムが自然のサイクルに無理なく同調できるように。太陽とともに目覚め、眠る。1日のリズムが整えば、1週間、そして女性の生理周期や月のリズム、肌のターンオーバーの28日というリズムが、まるで呼吸をしているかのように整っていきます。雑音や情報過多な都市型生活者はサーカディアンリズムが乱れがちだと揶揄されてきましたが、人はほんとうに危機感を抱いたとき、もともと備わっていた本能や抗う力が覚醒されるのではないでしょうか。ある意味でアップサイクル発想と同じ、エコに発揮できる優れた能力なのだと思います。もちろん、肌の免疫力や治癒力の活性もおおいに期待できるのでは? とも。

 

もしも、すっかり錆びついてしまった本能や抗う力が覚醒できるのだとしたら? 見えない驚異に怯え、新しい日常を強いられる、そんな2020年でさえ、有意義な一年だったと思えるはず。さて、みなさんは自分の中にどんな変化を見い出せたでしょうか?

 

 

PROFILE

安倍佐和子 Sawako Abe/ビューティエディター、美容ジャーナリスト

化粧品会社、出版社勤務を経て独立。日本初の美容月刊誌の創刊に関わり、ビューティエディターとして活躍。現在は女性誌や美容誌で編集・執筆活動を続けるほか、広告、化粧品マーケティングなど幅広い分野で活躍。JPHMA認定ホメオパス、フィトテラピーアドバイザーの資格を持つ。著書に「安倍佐和子のMy BEAUTY Rules 人と比べない美人力の磨き方」(講談社)がある。

Instagram:@abesawakobeauty

雑誌:

VOCE, MAQIUA, Figaro Japon, Marisol, ecla, SUPER, GINZA, Presious, 25ans, mi-molet, WWD Beauty etc.

広告制作:

HELENA RUBINSTEIN, SHISEIDO, LANCOME, POLA, KANEBO,GUERLAN,KOSE, P&G, SK-Ⅱ, FLOWFUSHI etc.

テレビ:

テレビ朝日「BeauTV VOCE」新作コスメ紹介  2010年~2012年

 

(過去の安倍佐和子さんの記事)

自分にとっての美の価値観を問い直すとき 

“クリーンビューティ”という新たな価値観が本物に変わるために

心地いい生き方に欠かせない、視る力、知る力

健やかな美しさはマイクロバイオームとともに

 

Spring Step News Letter
のご登録