【ASK CAROLINE!】ワークライフバランスの本当の意味

Way of living Women's life Lifestyle
2020.11.19

風水カウンセラー/Caroline Lamassoure

Spring Step の読者の皆さん、こんにちは!


今日は私たちみんな、つまり日本に住む人にとっても、地球の反対側に住む人にとっても、ものすごく気になるトピック、「自分と仕事の関係」についてお話しますね。そして、なかなか難しいのがワークライフバランスの取り方。これについてもお話したいと思います。


私はおよそ10年ほど前にセルフデヴェロップメントのコーチと風水のスペシャリストになるために、ヨーロッパの大手の航空工学企業の仕事を辞めました。その時の仕事はといえば、完全に勝ち組のキャリアパスに乗っていたと言えるかなと思います。でも続ける意義を見出せなくなって、その仕事に興味がなくなってしまったんです。私は今、おそらくその企業にいたときよりも稼ぎは少ないと思います。でも失った物質的なコンフォートに変わって手に入れたものは、充実感、創造性、自分を大切にすること、時間、そして家族や友人との関係。つまりクオリティーオブライフです。そして、今は明らかにこれが私の優先事項です。


私がお伝えしたいことは、必ずしもサクセスしたキャリアを持たなくても、より充実感やバランスを感じられるようになるということです。一日、一週間、一ヶ月、一年、どの瞬間も私たちは同じ人間です。また家庭でも職場でも同じ人間なのだから、仕事の間だけに自分らしくない人格を装ったり、社会から押し付けられた箱のなかに収まるような必要はないはずです。


2020年、「充実感」について自問自答した人は多いはずです。今までと違うのは、その追求が一部の「意識が高い系」と言われている人たちだけの特権ではなく、もっと多くの人たちの根源的な意識の改革になっていると思うのです。過去20年、30年の間に、私たち物質的な快適さが心の平和をもたらすと思っていました。その幻想にすっかり依存してしまっていたんです。でも今、人生のバランスを取り戻す時が来たのです。


現代の生活リズムはとても濃厚です。その中でバランスをもたらすことは、特に女性の場合は本当に難しいことだと思います。以前にもお伝えしましたが、これが今日の私のメッセージの中で最も重要な部分でもありますが、やるべき仕事をやるときには、自分の心のニーズと足並みを揃えるということです。私たちはそのニーズに逆らうのではなく、そのニーズを満たすために、1日の大半を過ごすことが大切なのです。


いくつか例を挙げてみたいと思います。

 

●もしあなたが不公平感を正したいと思うタイプの方なら

困っている人を助ける会で働くことに大きなやりがいを感じることができるかもしれません。

 

●もしあなたが話を聞いてもらったり、思いやりや優しさに囲まれた環境に身を置きたいと思うタイプの方なら

美容や医療の分野で、人の話を聞き、人をもてなすような関係性のある仕事に意味を見いだせるかもしれません。


●もしあなたが頭脳の明晰さと、物事の正確さで安心するタイプの人なら

もしかしたら会計士の仕事に転向するか、近藤麻理恵さんのように片付けのプロになるかもしれませんね!?

 

自分の人生の軌道修正は、他人に期待しても叶うことはないでしょう。自分の深い心のニーズを理解し、それに応える仕事を見つけることができるのは、自分自身だけでなのです。その自分の深いニーズに合った仕事と、自分を助けてくれる人を選ぶことで、このあなたの持っている驚く力を発揮させることができるんです。


私がお伝えしたいのは、ワークライフバランスのなかでのライフの部分は、余暇やリラックスタイムだけではないということです。私たちのバランスは、私たちの全ての思考と行動を通して構築されています。私たちのするべきことは、運命をしっかりと成就させること。そして、魂に真摯に仕えること。自分という一つ世界の波動を上げ、私たちの小さな力で貢献しながら、どれだけ自分の1日を大きな意義をもたらすか。


だからこそ、仕事には自分の深いニーズに応えることに時間を割き、余暇の時間にもそれを継続して行えば、一日一日の充実感やバランスを得られるようになります。もちろん簡単とは言いませんが、やれる可能性は十分にあるはずです。そろそろ社内の部署を変えて、より良いチームワークが成り立っているチームの一員になる時期なのかもしれませんね。それともエステティシャンやアロマテラピストになるための修行でしょうか?

 

皆さん、クオリティーオブライフの「質」の高さには常にこだわってください! 「しょうがない」と状況に身を任せずに、自分のための選択をしましょう。多くの物質的な快適さを得るために、いくらたくさんのお金を稼いでも、それはゴールにはなりません。それはほとんどの場合、自分自身の中の空虚感を一時的に埋めるだけの方法だと思います。それはまるで傷口に貼るバンドエイドのようなもの。見たくないものをちょっと隠すことができるだけで、傷口を癒すものではありません。

あなたのニーズに応える仕事をすることを選ぶと、豊かさ(喜び、良好な人間関係、時間、さらにはお金の)が自然にあなたに集まってくることが、きっとわかるはずです。


あなたのハピネスの成就を心よりお祈りしています。

良い一日を!

 

PROFILE

CAROLINE LAMASSOURE カロリーヌ ラマスール

ライフデベロップメントカウンセラー
41歳二児の母。11年間航空機産業に勤務した後、子供を持つことができないと診断されたことをきっかけに、自分は何者であるのか探索を始め、風水と出会い伝統的な風水を学び始める。同時にライフデベロップメントカウンセラーになる資格を取得。現在は風水だけでなく、風水とカウンセラーとしての二つの視点から、個人のカウンセリング、また社内に調和をもたらすための企業コンサルティング(オフィスのレイアウト)を行っている。パリとバスク地方という2つの暮らしの拠点を持ち、自分自身の調和を保ちながら活動している。著書にLes 13 clefs de l’harmonie intérieure: Être bien en soi, chez soi, pour soi   (Edition Hachette) 

Caroline Lamassoure Official Site

 

(過去のカロリーヌの記事)

【パリで人気の女性風水カウンセラーが語る】人生の味方につけるべきもの

【Ask Caroline!】育児も生活も楽しめない、毎日を笑顔で送るにはどうしたらいいですか?

【Ask Caroline!】いつかは親を安心させるために家庭を持つべきと考えています。どうやってパートナーを見つけたらいいですか?

【Ask Caroline! 】どうやったら自分の好きなことを知ることができますか?

【Ask Caroline!】毎日精一杯努力しているのに、思うような生き方が出来ていないように感じます

【Ask Caroline!】主人にストレスを感じる毎日、笑顔で過ごすにはどうしたらいいのでしょうか?

【Ask Caroline!】直感に従う自信を持つにはどうしたらいいですか?

【Ask Caroline!】今すぐ家族で心地よい風水空間を作ることはできますか?

【Ask Caroline!】家庭内で仕事とプライベートのリズムをつけるにはどのようにしたらいいですか?

【Ask Caroline! 】 インスピレーションを身につけたいです!

Spring Step News Letter
のご登録