猛暑の夏から秋へ。今の時期に見直しておきたいものは? 青木良文

Lifestyle
2018.09.06

Editor / 青木良文

Photo : Nahoko Morimoto 

今年の夏は、火の気を持つ2018年らしく、予想を超える猛暑に!この暑さで身体や心、そして運気まで、夏バテ気味ではないでしょうか?

 

新学期も始まる9月は土の気を持つシーズンで、“ベース”を整えると良いそう。“ベース”とは普段の生活習慣や暮らしの環境など、毎日の自分に関わり、構成するもの。ものすごく暑かった夏を過ぎ、いろいろと“ベース”も荒れ模様に。ここで改めて“ベース”を整えることが必要になりそうですね。

 

中でもこの時期、特に見直してほしいのが毎日使う食器について。日々使用する普段使いの食器を見直すと運のベースアップにも!そしてその食器は、なんと! 自分の器(キャパシティ)になるとも考えるそうなのです。食事の際に「何を食べるか」も大事ですが、運気を得るためには「何で食べるか」もとても重要だそう。

小さな器に山盛りでは自分の器が小さくなり、安い器ばかり使っていたら安っぽい印象になってしまったり、こだわりのないどうでもいい器を使っていたら、周りからどうでもいい人に思われてしまうかもしれません。

 

普段何気なく使っている器が、自分の器(キャパシティ)と繋がっていると思うと、尊いものになり、使うたびに感謝の気持ちが生まれてくるもの。そんな心持ちも、日常に良い変化を与えてくれるアクションになりますね。食器を変えるタイミングはなかなか難しいものですが、この時期こそ家族の器を見直してみるチャンスでもありますね。

 

そして自分自身で実践した中でもおすすめなのは、縁につながるグラスをアップデートすること。朝の目覚めの一杯の水をいいグラスに変えたことで、良質な口当たりや手触りに感性が研ぎ澄まされて、多くのことに気付きがありました。その結果、同じような高級のグラスを普段使いしている方との出会いが増えた、という経験も。どうでもいいグラスで始めるか、お気に入りの大切なグラスでスタートするか。その一日は、思った以上に大きな差になりそうです。

 

今年はステイタスアップの年でもあるそう。ちょっと贅沢していい器に変えてみると、食事のたびにステイタスの運気もチャージできそうですね。毎日使うものこそ、日々の運気の蓄積になっていくものですから、年を重ねていくたびにきちんと良いものにアップデートすることもとても重要です。

 

9月は器を見直して、ベースの底上げを。いつもより大きめの器に変えて、キャパシティを広げて、印象も一段とブラッシュアップ。2018年の後半戦に向けて、ベースを整えていきましょう!

 

PROFILE

青木良文 / エディター

ファッション誌『フィガロジャポン』をはじめ多くの女性誌で、 主にファッションと占いページの編集を担当。パリやNYなど各国 のコレクション取材やファッションページのディレクションのかたわら、占いページの編集にも定評がある。『VOCE』でも”月刊 ハッピーコスメ”をはじめ、『VERYweb』や『ミモレ』 などで好評連載中。そのほかラジオやトークショーなど幅広いジャ ンルで活躍。
ほかに人気セレクトショップ「Drawing Numbers」でのラッキーアイテムのバイイングや、『WWD 』 の雑誌アカデミーショーでは占いの分野で特殊技能賞を獲得した。

Spring Step News Letter
のご登録