「身土不二」の本質へ。人と地球の美しい未来は、健やかな土壌でつくられる

Way of living Beauty Organic Lifestyle Green Tech Ecology
2022.11.24

Beauty Journalist/Editor 安倍佐和子

 

ひとつ前の回で「化粧品は身土不二。テロワールから語る時代にきている」という記事をレポートさせていただきましたが、覚えてくださっているでしょうか? 化粧品の原料が口に入れるものと同じように扱われ始めていること。有機栽培のみならず、化粧品に配合する植物由来成分は、よりピュアでクリーン、持続可能であるべきものとして、ブランド自らが農園を所有し、土壌そのものを管理。テロワールを謳う時代にきているという記事でしたが、今回はその続きをレポートしたいと思います。


ある女性誌の企画で、京都北洛の鷹峯というエリアを取材する機会がありました。じつはこの鷹峯こそ、日本初の薬草園が拓かれた本草学ゆかりの地であり、多様性豊かな京野菜を育み、地産地消や身土不二の精神が色濃く残る場所だったのです。日本のテロワールの起源とも言える土地を訪れる機会に恵まれ、土壌のことを調べ始めた矢先、偶然、出会ったのがリジェネラティブ農業(地域再生型農場)の第一人者、ゲイブ・ブラウン氏の「土を育てる 自然をよみがえらせる土壌革命」(NHK出版)という一冊の本でした。

天然資源保護協議会から成長グリーン賞を授与されるなど、ブラウン氏の活動をすでにご存じという方もいるでしょう。なんとブラウン氏、「耕さない農業」を推奨しているのです。何千年もの間、土を耕してきた歴史を持つ人類にとって、また、土は耕すものだと信じていた人にとって、これほど衝撃的なことはありません。実際に、農薬や化学肥料を使わないブラウン氏の不耕起農場や米国カンザス州にあるランド研究所の農地では、耕さない土によって植物の根は見事に再生され、土壌は巨大な炭素の貯蔵庫として地球温暖化防止に一役かうほどに。現在、米農務省(USDA)でも畑を耕さないことを推奨しはじめているのです。


ブラウン氏が提唱する「土の健康の5原則」とは、

  • 土をかき乱さない(土壌を棲家の生物を掻き回さない)
  • 土を覆う
  • 多様性を高める(単一植物を栽培しない)
  • 土の中に生きた根を持つ
  • 動物を組み込む

です。

いかにこれまでの常識とは異なるものか。ただ、耕さないことで植物の根や微生物が地中に溜め込んだ炭素が蓄積され、土壌は炭素の巨大な貯蔵庫になり得ること。多様性に富んだ豊かな作物が収穫できることを知ったら、メリットしか思い浮かびません。

そして、さらに読み調べるうちに驚いたのが、リジェネラティブ農業の礎となる不耕起農業を最初に説いたのが、なんと、農哲学者の福岡正信さんという日本人だったのです。1975年に出版された「自然農法・わら一本の革命」の中で耕さない農業に触れ、生命の繋がりや土の健康を取り戻す必要性を提唱。ゲイブ・ブラウン氏も大きな影響を受けたと言います。残念ながら、日本での不耕起農業は普及までに至っておらず、千葉県匝瑳市や福島県で一部、独自に進化を続けている程度のよう。農業従事者ではありませんが、ウェルネスの本質ともいえる地球のより良い未来を真剣に考えたら、発祥の地とも呼べる日本で広く普及していって欲しいと想うのは当然のことでしょう。

“肌につけるものは口にするものと同様に”の視点から、テロワール発祥のフランス、鷹峯からノースダコタ、そして匝瑳へ。地産地消、身土不二に不耕起、そして地球温暖化防止まで逡巡しましたが、土壌を介して想うことは、結局のところ、人と地球の健やかで美しい未来のあるべき姿のみ。まずは、目の前にあるごく小さな庭から「耕さない」を、実践してみようと思います。

 

 

(過去の安倍佐和子さんの記事)

錆びついた本能や眠っていた力を覚醒。2020年が教えてくれた気づきとは?

自分にとっての美の価値観を問い直すとき 

“クリーンビューティ”という新たな価値観が本物に変わるために

心地いい生き方に欠かせない、視る力、知る力

健やかな美しさはマイクロバイオームとともに

2021年の課題。自分にとっての“マインドフルネス”のみつけかた

美しいをひらく“音の力”“聴く力”

ミクロの視点で問う、コスメの最新サステナビリティ事情

化粧品は「身土不二」、テロワールから語る時代へ

PROFILE

 

安倍佐和子 Sawako Abe/ビューティエディター、美容ジャーナリスト

化粧品会社、出版社勤務を経て独立。日本初の美容月刊誌の創刊に関わり、ビューティエディターとして活躍。現在は女性誌や美容誌で編集・執筆活動を続けるほか、広告、化粧品マーケティングなど幅広い分野で活躍。JPHMA認定ホメオパス、フィトテラピーアドバイザーの資格を持つ。著書に「安倍佐和子のMy BEAUTY Rules 人と比べない美人力の磨き方」(講談社)がある。

Instagram:@abesawakobeauty

雑誌:

VOCE, MAQIUA, Figaro Japon, ecla, GINZA, Presious, 25ans, mi-molet, BAILA etc.

広告制作:

HELENA RUBINSTEIN, SHISEIDO, WAPHYTO, POLA, TATCHA, BRILLIAGE  FLOWFUSHI etc.

テレビ:

テレビ朝日「BeauTV VOCE」新作コスメ紹介  2010年~2012年

 

 

Spring Step News Letter
のご登録