ALL FOUR ONE Project / 4人のアーティストが伝える、メンタルヘルスの大切さ

Way of living Women's life Lifestyle Special Interview
2022.06.02

1

ALL FOUR ONE Project とは?

Text: Spring Step /Photo : ALL FOUR ONE 

Spring Step : さまざまなところで既にお話しされていると思うのですが、改めてALL FOUR ONE プロジェクトの立ち上げ、広げたいと思われたきっかけや想いなどをお伺いできますか?

 

UKICOさん :  2020年に、コロナ禍で強いられた暮らしの中で苦しんでる人がとても増えたことで、自殺率もとても上がったという話を聴きました。そして実際私もはじめての自粛期間に、数ヶ月間誰とも会わず,とても落ち込んだ時期がありました。

その経験が自分に起きたことで、なにか皆のサポートをできないかなと思い、すみれちゃんクリスタルちゃん、Tigarahちゃんに声をかけたのが始まりです。


日本ではメンタルヘルスのトピックに関して情報が少なく、恥ずかしいと感じる人が多いように思います。ですから、私たちの発信を通して、メンタルヘルスや心のケアに関する会話が自然にできること、そして皆と一緒にその意識を高めたいという思いでこのプロジェクトを立ち上げました。

「あなたは一人じゃない、そして皆んなでサポートし合いましょう、気持ちがダウンした時は、カウンセラー、友達、家族など、誰かと話しましょう。」と言うメッセージも広げたいのです。


TIGARAHさん : 私の周りでも、コロナにかかって孤独な気持ちになったり、家族や友達に会えない日が続くと、どんどん気持ちが落ち込んでいくという人もいました。

私自身もパリに住んでいるので、家族から離れてとても寂しい思いをしました。

そんな時に、UKICOちゃんから、この状況を何か少しでも変えられることをしたいね、と声をかけてもらえて、一緒に何ができるかを考えたんです。


クリスタル・ケイさん : UKICOちゃんがコロナ禍で、音楽での表現を通して、コラボで4人で一緒にやらない?と誘ってくれたんです。ガールズパワーで、一緒に歌ってみんなにエールを送ろう!というのがメインのテーマでした。コロナ禍に なって心の病や自殺率も高くなり、その多くが若い女性(女性だけではないけど)ということも、私の中では心に引っ掛かっていました。

そこで、私たちにできることってなんだろうと考えて、そもそもアーティストがメンタルヘルスに触れることもあまりないですし、だからその大切さと、みんな一人じゃないんだよというメッセージを広めて行こうとみんなで話し合ったのです。一緒に作ったTシャツもそのシンボルとして、四人の 手を取り合っている写真にしています。

 

 

Spring Step : 現在行われている活動の内容を教えていただけますか?

 

UKICOさん : 現在はメインをオンラインで活動してます。インスタライブでゲストを呼んで、メンタルヘルスに関してお話ししてます。個人的な経験をシェアしたり、メンタルヘルスについて情報を広げたり、皆さんの質問に答えたりしてます。

そしてオリジナルTshirtを発売してその利益を「いのちの電話」自殺予防相談のフリーダイアルに寄付しています。Tshirtの柄は4人の手の写真です。

いのちの電話オフィシャルウェブサイト

 

クリスタル・ケイさん : もっとメンタルヘルスについて普通の感覚で話し合って、このトピックについて、話すことそのものが自然なことだと伝える活動をしています。インスタライブは、月に2回、一回は3人でインスタライブでメンタルヘルスをテーマ にお話や質問に答えたり、ディスカッションをしたり、また、ゲストを招いて、専門家の方とお話しながらみんなでフランクに話し合いをしています。

 

TIGARAHさん : メンタルヘルスに関する自分の体験談やみんなの考えをオープンに話せる場所になればと思っていて、これまでも既にたくさんの方に参加していただいてきました。今後もこれを続けていきたいし、4人でオリジナルの曲を作れたら良いなとも思っています。

 

 

2

メンタルヘルスはなぜ大切?

 

Spring Step : なるほど、まずは多くの人が持つ、メンタルヘルスに対するマイナスな先入観を払拭するために、率直に話し合うモデルを見せておられるのですね。

それでは、みなさんがメンタルヘルスがなぜそこまで大切だと考えておられるのか教えていただけますか?

 

クリスタル・ケイさん : いいメンタルの状態は、ハッピーとヘルシーにつながります。自分の心の状態がわからないままに、いつも通りの生活をすることはとても疲れることですし、危険ではないかとさえ思っています。自覚症状なく、もし自分にとってそぐわない環境にいたとしたら?悪循環にハマってしまうと思うんですよね。いつも心配事や落ち込んだマイナスな気持ちでいたら、自分から発するエナジーもそれと同じ様にマイナスなものになってしまいます。それに、人に対するコミュニケーションも、ネガティブになってしまっているかもしれません。そんな誰もハッピーではない、残念な状況を自分で作ってしまっているかもしれないんです。また、ストレスを溜め込んでしまうことが病気の原因になってしまうことさえあります。

私はシンガーで、歌やパフォーマンスで表現をしていますが、自分のメンタルの状態によって、そこに大きく影響していると感じるがゆえに、良いメンタルの状態をキープすることが大切だと感じます。私の様な方法での表現をすることが仕事でなく、会社に勤めていたとしても、自分のパフォーマンスが良い時とそうでない時ってきっと感じますよね?自分の心と体が常に健康的な状態にキープされたら、それだけでも充実感を感じてハッピーになるんじゃないかな?

 

UKICOさん : そうですね。私にとっても自分の心と繋がるのは一番大切なことです。自分の心の声を聞くことは健康にも繋がります。自分にとって生きる意味や、生きる幸せに繋がることではないかと思います。どこかバランスが取れていない時に、心の声をちゃんと聞いてあげないとメンタルバランスも崩れてしまい、心が落ち込むと思います。でも落ち込むことやネガティブな気持ちになることは悪いことではなく、魂が何かを教えてくれているのではないかと私は信じています。

今の時代は情報が溢れていて、頭で考える事が一番大切になってしまっていて、心のケアを忘れがちです。そしてSNSの影響で常にハッピーでなくてはいけないと思いがち。だから無理やりポジティブにいようと繕ってしまう人が増えているのかもしれないと思います。でも肩肘を張らずに自分の心と繋がることが、自分の一番の幸せとつながるのかなと思います。個人的に一番人生で落ち込んだ時は、まさに自分の人生を見直す機会の訪れとも言えるものでした。そして色々心の整理をして、新しい目線で自分の人生を見直すことができて、大きな気づきが生まれました。そう考えると私にとって必要な時期だったんだろうなと思います。

 

Spring Step : それでは、メンタルの良い状態をキープするために、何か意識的に行っていることがあれば教えていただけますか?

 

UKICOさん : ダウンした気持ちの時期を乗り越えるために、私にとっての一番のツールは瞑想と運動です。そしてヘルシーな生活を心がけること。落ち込む時期を避けるためでも、良いメンタルをキープするためでもなく、自分の感情の全てを受け止めて、理解を深めてサポートをするようにしています。

あとはセラピストに相談したり、母や友人に相談をします。とにかく自分の感情をもっと理解するために話します、ノートに書き出すこともやっています。最近はヒプノセラピー(催眠療法)もトライしています。

 

クリスタル・ケイさん : 私は本当に最近になって少しずつ自分の心の状態に目を向けるようになりました。結構精神力が強い方なので、 困難があったりトラブルがあっても、多少乗り越えられてしまう馬力があるのかな(笑)。私は週に3回運動をしています。体を動かすことが好きですし、体を自分のベストの状態で保ちたいとことは基本ですが、シンプルにストレスも発散できるし、老廃物も出せますよね!気分がスッキリするだけでもセルフケアには大切なことだと思います。あとは、疲れたなと思ったら、ちゃんと休むこと。私自身にも言えることなのですが、我慢強いからこそしっかりとそこに意識を向けなければ、いつの間にか自分を見失うほどに何かが蓄積していたなんてこと、皆さんにもあるはずだと思います。

そして、ネガティブな言葉をなるべく使わないことを意識しています。自分がそう言うのを発してるなぁと思ったら、足りないものに目を向けるのではなく、今自分が感謝できるもの、すでに自分にあるものにフォーカスします。 それだけでマインドセットが変わることを感じます。その上Feeling better !  こんな感じでリセットできるよう に、自分でもトレーニングしているんです。笑

必要ないところに自分のエネルギーや心を無駄使いする必要はないと思いますから、いいエネルギーだけのために自分を大切にセーブするのはいいことだと思います。

 

TIGARAHさん : 私は、散歩をする、体を動かす、想いを紙に書く、自分が好きなことリストを作ってそれを一つづつやって楽しい気持ちにする、など、メンタルを良い状態に保つ方法はたくさんあります。それを一つ一つ、All Four Oneの活動でみんなで一緒に見つけられたらとも思っています。

 

3

メンタルヘルスに悩む友人にどんなサポートをするべき?

 

Spring Step : 日本ではメンタルヘルスというと、精神的に問題があるように周りに思われてしまう気がして、告白しにくい問題でもあると思います。もしも自分の周りの人でそのような問題を抱え込んでいる人がいたら、皆さんだったら、どのようなサポートをしてあげたいですか?

 

TIGARAHさん : まず、「メンタルヘルス」という言葉を使うのに抵抗があるなら、気持ちが落ち込むことは誰でもあるし、そういう時があっても全然大丈夫なのだ、ということを伝えます。

それから、少しづつ話を聞いてあげます。誰かに話すことで気分が楽になることが多いし、実際にプロのカウンセラーに話すのも勧めます。

あとは、繰り返しになりますが、運動をしたり、感情を紙に書いたり、自分が好きなこと、ワクワクすることリストを作って、実践してみることをお勧めします。やはりこれだけでも、気持ちが全然変わってきますね。


UKICOさん : 個人的には気持ちを聞いてあげるのが一番だと思います。一人では無いことを知ってもらいたいですね。落ち込んでいても、それについてジャッジせずサポートしてあげる事。愛してる、大好きだよ、と伝えることが大切かなと思います。頻繁に連絡してあげることとか。「元気?」と言う一言でも。

そしてカウンセラー、セラピストのサポートを求めることをこわがらないようにシェアして、おすすめします。


クリスタル・ケイさん : まず、自分にも同じような経験がある時には、共感を伝えます。そして話を聞いて、恥ずかしいことではないこと、そして一人じゃないと言うことを知ってほしいです。安全と感じられる環境で自分と話す機会を作ってあげることがとてもいいと思います。一度想いをちゃんと吐き出せる様な場所です。そして、もしもとても深刻な問題だったり、スペシャリストが必要だなと思ったらおすすめの先生や、セラピストを知っていたら紹介したり、周りに聞いて勧めたりすると思います。


Spring Step : この活動を通して実現させたいことや、今後のプロジェクトなどがあれば、ぜひ教えていただけますか?

 

UKICOさん : 今のところはオンラインでしか活動していないのですが、今後はライブで生のイベントもやりたいですね!日本の皆さんと実際にお会いしてお話できるイベントなどを開催して、メンタルヘルスへの意識をもっと広げていきたいです。他にも、さまざまなアーティストに声をかけて、音楽フェスとかを立ち上げてその利益でメンタルヘルスをサポートするためのきっかけもつくりたい!って思っています。

 

TIGARAHさん : 今やっているI Gライブや、チャリティTシャツの利益の寄付はこれからも続けていきたいです。あとは、4人でオリジナルの曲を作ったり、ポジティブなメッセージを持ったクリエイティブな活動もさらに広げられたらと思っています。色んなことに挑戦しながら、少しでもたくさんの人が幸せな気持ちになれたらと願っています。

 

クリスタル・ケイさん : この活動を通してもっと多くの人にメンタルヘルスの大切さ、そしてメンタルヘルスについて話すことはタブーではないと言うことを知っていただきたいです。また、今は話せる場所が限られてしまっているかもしれませんが、私たちと気楽にみんなで話せるスペースを提供していきたいです。今はインスタグラム上ですが、私は、それだけでもみなさんと繋がっているな、といつも感じているんです。でも、トークイベントやウェルネスキャンプみたいなことができたら すごく楽しいですし、またさらにみんなが安心できる楽しくて安全なコミュニティーなどもぜひもやっていきたいです!

 

 

ALL FOUR ONE CHARITY PROJECT

Sumire, Crystal Kay, UKICO, TIGARAH

Official web site

 

 

Spring Step News Letter
のご登録