【ASK CAROLINE!】コロナ後のポジティブマインドの作り方

Way of living Women's life Womens life Lifestyle
2022.07.07

カウンセラーのカロリーヌが皆さんの疑問にお答えします。

コロナは終わるの? 実は、まだ自分の準備が整っていないんです」という言葉をよく耳にします。 日本でもコロナの終わりを感じ始めていますが、人々は隔離中の習慣に慣れてしまい、できないことばかりに目を向けて愚痴を言うことや、先が見えにくいという悲観的な気持ちのままです。

モチベーションの上げ方、未来への展望が描けません。どうすれば心を取り戻せるのでしょうか。 

 

_____________________________________________________________

 

皆さん、こんにちは。

 

この数年で、私たちは皆、人生の中で地殻変動を経験しました。そこから抜け出すのはそう簡単なことではありません。しかし、「人を殺さないものは人を強くする」と19世紀のドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェは言っています。

 

私たちが経験した危機は、何が上手くいってないのか、また最終的に何をどう変える必要があるのかを教えてくれる、有益なものであるはずです。コロナ禍の危機は世界的なものであったからこそ、集団的であり、また個人的な教訓を得ることができるのです。

 

この危機から、あなた自身の行動パターン、人間関係、優先順位、生活の質について学んだことはありますか?
これまでと同じようにできなくなることはなんですか?
これまでと同じように、続けたいことはなんですか?
この危機的状況を踏まえて、あなたは何を変える必要がある(またはあった)のでしょうか?
まだ変えていないけれど、優先すべきことは何ですか?

 
【再びモチベーションを取り戻す】

私は、南アフリカの元首であるネルソン・マンデラ氏の「私は決して負けない、勝つか学ぶかのどちらかだ」という言葉が好きです。
私がお客様にお伝えしている最も大切なことは、自分自身をよりよく知ることができるようになることです。自己を知ることは、人生を変えるための行動を起こす活力をもたらします。私たちは、より自由に、より自立的に、より力強く、自分自身の幸せに責任があると感じています。
なぜなら、自分のニーズと何が自分にとって良いのかを知り、どの強さとリソースに頼るべきかを見極め、自分自身の限界がどこにあるのかを知ったとき(何に対して、いつ止めると言うのか)、私たちは次に、自分の声に耳を傾け、自分のニーズを満たすために自分で行動を起こし、自分の最高の味方になることを学び、もはや流れに逆らうのではなく、人生の流れを伴って、よりスムーズで流動的に泳げる能力を完全に身につけることができるのです。 

 

最も重要なのは、「自分にとって良いものが、自分の生活の中に十分にあるかどうか」ということです。つまり、自分の体、心、感情、そして心に栄養を与えて、完全に自分を感じるにはどうしたらいいかということです。

 

体に良いこととは⇒動くこと、呼吸、ストレッチ、栄養、睡眠、衛生、トリートメントやマッサージでケアすること、など。

 

心に良いこととは⇒穏やかで誠実な人間関係、笑うこと、創ること、感動すること、歌うこと、踊ること、発見すること、自分のために時間を使うこと、などなど。

 

心に良いことは?⇒読書、新しいことを学ぶ、休む、自然とつながる、好奇心を持つ、感動的なポッドキャストや番組を聴く、などなど。

 

身体、心、マインドを調和させることは、バランスを取り、全体を感じるための鍵になります。家から出ること、笑うこと、気分のいい人に会って時間を過ごすこと、自然とつながること、新しい場所を発見すること、これらはコロナ禍で無気力になった私たちを解放するための基本的な活動なのです。自分の身の回りの解決策を見つけること、大切なのは、自分が誇れることを1つでもすることです。

一度に全部やろうとせず、毎日、毎週、少しずつ。あなたの定期的な練習が、より信頼性と創造性を高めるための新しいライフスタイルを構築するのです。

絵を描くこと、歌うこと、いつかやってみたいと夢を見ていませんでしたか?メイクアップを学んでみたいと思っていませんでしたか?今がその時かもしれません!

昔は映画館や美術館に行くのが好きでしたか?じゃあ、先にチケットを予約してしましょう!


【助け合い】

そして何より、この寅年は、私たちを気持ちよくしてくれる人たちとのつながりを大切にしてください。周りの人に助けを求めること、大切な人をサポートすること、話を聞いてあげること、ハートからハートへつながること、まずは自分自身のハートとつながること、今、何が必要なのか、躊躇しないでください。自分自身の親友であり、必要なものをすべて与えてくれる父であり、母であり、そしてまず、自分自身を愛することです。ありのままの自分を愛し、あなたの中の怖がりな女性や男性も、成功し機嫌が良い人と同じように愛してあげてください。条件付きで(笑顔でいること、素敵であること、才能があること)自分を愛することはできない、たとえそれが正しいとは思えないときでも、自分のすべての部分を愛すること、無条件に愛することなのです。

 

ぜひ試してみてください、その良さがきっとわかるはずです!

 

カロリーヌ

 

(過去のカロリーヌの記事)

【ASK CAROLINE!】モラハラ夫から離れ、自立の勇気を持ち続けるには?

【ASK CAROLINE!】この不確実な時代、どうすればポジティブでいられるのでしょうか?

【パリで人気の女性風水カウンセラーが語る】人生の味方につけるべきもの

【Ask Caroline!】育児も生活も楽しめない、毎日を笑顔で送るにはどうしたらいいですか?

【Ask Caroline!】いつかは親を安心させるために家庭を持つべきと考えています。どうやってパートナーを見つけたらいいですか?

【Ask Caroline! 】どうやったら自分の好きなことを知ることができますか?

【Ask Caroline!】毎日精一杯努力しているのに、思うような生き方が出来ていないように感じます

【Ask Caroline!】主人にストレスを感じる毎日、笑顔で過ごすにはどうしたらいいのでしょうか?

【Ask Caroline!】直感に従う自信を持つにはどうしたらいいですか?

【Ask Caroline!】今すぐ家族で心地よい風水空間を作ることはできますか?

【Ask Caroline!】家庭内で仕事とプライベートのリズムをつけるにはどのようにしたらいいですか?

【Ask Caroline! 】 インスピレーションを身につけたいです!

【ASK CAROLINE!】ワークライフバランスの本当の意味

【Ask Caroline! 】自信を持ってやり遂げる力をキープしたい!

 

 

PROFILE

CAROLINE LAMASSOURE カロリーヌ ラマスール

ライフデベロップメントカウンセラー
41歳二児の母。11年間航空機産業に勤務した後、子供を持つことができないと診断されたことをきっかけに、自分は何者であるのか探索を始め、風水と出会い伝統的な風水を学び始める。同時にライフデベロップメントカウンセラーになる資格を取得。現在は風水だけでなく、風水とカウンセラーとしての二つの視点から、個人のカウンセリング、また社内に調和をもたらすための企業コンサルティング(オフィスのレイアウト)を行っている。パリとバスク地方という2つの暮らしの拠点を持ち、自分自身の調和を保ちながら活動している。著書にLes 13 clefs de l’harmonie intérieure: Être bien en soi, chez soi, pour soi   (Edition Hachette) 

Caroline Lamassoure Official Site

Official Instagram 

Spring Step News Letter
のご登録