【Photo Essay / Lights&Shadows】霧の中

Way of living Photo & Essai Lifestyle
2022.09.08

Photographer / HAL KUZUYA

TEXT&PHOTO/ HAL KUZUYA

霧のかかった景色

目をこらすとなんとなく道があるような気もする

周りは見えなくて

先も見えない

 

どうしようか

前へ進む以外に道はないのに

その一歩が踏み出せない

なんとなくその場にとどまる

 

そして一度立ち止まると

なかなか動けない

 

人生は一歩一歩

何も考えずに歩いて来たのに

たった一歩が

急に踏み出せなくなる

 

その場で時間を潰してみる

何も起こらない

霧も晴れない

散々もたもたして

ため息をつく

 

私は知っている

踏み出すしかないのだ

 

大きなジャンプの時もあるし

ささやかな一歩の時もある

 

大きなジャンプの方が

そこまで必死に走って来たから飛べてしまったりもする

 

ささやかな一歩を

踏み出せない自分

 

その先に見える新しい景色があることを

心ではわかっている

今までの経験でも知っている

 

立ち止まり踏み出す勇気がない自分に

はぁ、とため息をついて

語りかける

 

大丈夫だよ

たった一歩だ

すべてうまくいくよ

ほんの少しの勇気が必要なだけ

今までもそうだったでしょ

 

大きなジャンプも

小さな一歩も

 

時に誰かが

時に自分が

語りかけ呼びかけて

 

そうして今まで歩いて来た

 

そしてこれからも

 

一歩だけ思い切って

えい!

と踏み出す

 

ジャンプでもなくてほんの小さな一歩だ

 

今まで何故立ち止まっていたのだろうと思うほど

あっけなく前へ進む

そこには少し違う新しい景色があり

道も道ある

見えなかった景色が見える

 

PROFILE

HAL KUZUYA  はる くずや / Photographer.Videographer
学生時代を海外で過ごし、写真の魅力に出会う
studioFobos/TISCH氏のアシスタントを経て独立
フリーランスのPhotographerとして、広告、ポートレイト、ファッション、など広い分野で活躍。
出産を機に、東京と京都のデュアルライフ生活に挑戦。2020を機に東京へ拠点を戻す。
人生という旅を思い切り楽しみたいと、育児と仕事と生活の自分らしいバランスを探している。
東京では広告、ポートレイト、ファッション。地方での伝統工芸や地域のことに関わる仕事をするなど幅広く活動をすることで、生き方や仕事に柔軟さと深み増す。
プライベートでは、言葉と写真を通し、女性たちの心に、ふと届く作品づくりに取り組んでいる。

http://halkuzuya.com

Spring Step News Letter
のご登録