【Ask Caroline!】いつかは親を安心させるために家庭を持つべきと考えています。どうやってパートナーを見つけたらいいですか?

Lifestyle
2019.03.14

風水カウンセラーのカロリーヌが皆さんのお悩みにお答えします!

読者の皆さんからいただいたご質問に風水カウンセラーのカロリーヌがお答えするこの企画。今回は、3人目のMさんからいただいたご質問への回答をご紹介します。

 

こんにちは。私は恋愛と結婚、そして仕事に関してお聞きしたいことがあります。私は今、幸いにも好きなことを仕事にできているので、とても充実した毎日を送っています。今は恋人も好きな人もいませんが、母親を安心させるために結婚して、いずれは自分の家庭を持ちたいと思っています。それと同時に、いつもどこかで「自分は結婚できるのか」と考える自分もいます。

今は仕事が充実しているので、今すぐにとは考えていませんし、「こうすれば結婚できる」とか「こうすれば恋愛運が高まる」といったアドバイスをいただけるとは思いませんが、考え方を変えたり、気の流れを変えることはできるのかもしれない、と思ってご相談させていただきました。

田舎から上京したことも関係しているかもしれませんが、東京で一人で仕事をしながら暮らしていくのは自分が摩耗していく感覚があり、ずっとこのままなんじゃないかと思うと時々とても悲しくなります。

今を楽しくポジティブに過ごすために、(願わくば恋愛運のアップも…)なにかアドバイスいただけるととても嬉しいです!

 

 

Mさんこんにちは!

ご質問をありがとうございます。お母さんを安心させたい気持ちは、とてもよくわかります。けれど、一人の男性を選んで結婚するとなると、一番大切なことは、まずあなた自身がそれを望むかどうか。つまり、その男性と人生を共にし、人生の一大プロジェクトを共に築きたいかどうかということです。


そして、もしかすると、今のあなたの生活には、一人の男性が入り込む隙間がないのかもしれませんし、Mさんご自身、誰かと生活を共にすることに不安を感じているのかもしれません。誰かと二人で生きるということは、お互いそれぞれのニーズと要望のバランス調整を常に行うことなのです。そしてお互いに歩み寄る努力をし、相手のあるがままを受け入れなくてはなりません。


あなたにチャンスが近づくようにするために、まず次の質問を自分自身に問いかけてみてください。

ー あなたはどのくらい「将来のパートナー」に出会いたいと感じていますか? 1-10段階(10が最大)でレベルを認識してみてください。

ー その人に出会うことで、何か不都合になることはありますか?

ー 実際に出会うことに「不安」を感じていますか?もしそうだとしたら、何が不安だと感じるのでしょう?その心を理解し、受け入れるために言葉で表現してみましょう。自分の中にいる、不安な女の子に、「安心してね」と話しかけてみましょう。

ー 時間がないのでしょうか?もし時間がないとして、それでもあなたがどうしても「将来のパートナー」に出会うことが最優先と考えるならば、それをクリアするために何かをしなくてはなりません。

もしもあなたが自分の人生を変えたいと望むのであれば、あなたの生活の何かを変えなくてはなりません。

人生を変えるために、私からMさんにご提案するのは、時間と空間、この2 つの切り口からの方法です。

 

時間

今、あなたは東京に住んで働き、疲れています。それはとてもよく理解できることです。自分の疲弊したエネルギーを取り戻すためには、時にはリラックスして休むことではなく、その反対に動くことなのです。Mさんには、仕事以外に毎週行っているアクティビティーなどはありますか?何か楽しいこと、スポーツや趣味などです。もうすでに定期的に行っているアクティビティーがあれば、とても素晴らしいと思います。ぜひ続けてください。

もし、まだそのような定期のアクティビティーをお持ちでなければ、何か始めてみませんか?この目的は、新しいことに向かって動くこと。そしてそのアクティビティーとその場で新しく知り合った人たちと楽しむことです。日々の生活の中で苦しい時期がありますが、「楽しむこと」と「ポジティブな人を自分の周りに持つ」ことで、その時期から脱出し、過去を手放して軽やかに前に進むことができるからです。

Mさんは、自然の中を散策するのが好きですか?それともサイクリング?それとも友人と過ごすのが好きですか?また、実際にそれを十分行っていると思いますか?Mさんの体は、活性化を求めていると思います。自分らしく、心が求めることを行い続けることです。これは、ご自身の感情のコントロールにもつながります。


〈まとめ〉

たとえ疲れていても、必ず週一回は、移動することで喜びをもたらしてくれるアクティビティーを行うために、”自分のためだけの”外出をしましょう。


空間

もしあなたの生活空間に誰かが入るとしたら、(あなたのアパルトマンがたとえ小さかったとしても)その人のための空間が存在しなくてはなりません。「空間」の意味合いは、あなたの住まいの中の物理的な意味と、あなた自身の心の中の「気」の意味合いの両方です。

私からMさんにご提案することは、まず断捨離をすることです。戸棚を開いて、家にあるものを整理して、もう不要だと感じるものをどんどん捨てましょう。あなたがパートナーを見つけたら、二人で暮らす空間はどんな空間が良いかを今からイメージしてみましょう。購入するお皿やカップは、自分用のお気に入りではなくて、ペアで揃えましょう。そして、インテリアにはあなたが「愛」を象徴すると感じるイメージの絵やオブジェをおきましょう。(中国では、愛の象徴は二輪の赤い芍薬の花です)全ては、目的のもとに意識をして行います。あなたの気を目的に向けて、イメージしながら、ポジティブな思いでそれを行いましょう。もしもあなたが「疑い」の気持ちや「悲しみ」の気持ちを持って行うと、部屋の中はその通りの「気」になってしまうので、ご自身の気持ちに信頼をもって、愛をもって行えばあなたの人生は変わるでしょう。


Mさんの幸運を心から祈っています。その後の経過もぜひお聞かせください。

 

過去のカローリーヌさんの記事

「突然訪れた人生のターニングポイント、前向きに新しいスタートを切りたい」

 

育児も生活も楽しめない。毎日を笑顔で送るにはどうしたらいいですか?

 

【パリで人気の風水カウンセラーが語る】人生の味方につけるべきもの

 

PROFILE

CAROLINE LAMASSOURE カロリーヌ ラマスール / ライフデベロップメントカウンセラー

41歳二児の母。11年間航空機産業に勤務した後、子供を持つことができないと診断されたことをきっかけに、自分は何者かの探索を始め、風水と出会い伝統的な風水を学び始める。同時にライフデベロップメントカウンセラーになる資格を取得。現在は風水だけでなく、風水とカウンセラーとしての二つの視点から、個人のカウンセリング、また社内に調和をもたらすための企業コンサルティング(オフィスのレイアウト)を行っている。パリとバスク地方という2つの暮らしの拠点を持ち、自分自身の調和を保ちながら活動している。4月10日パリで書籍を出版予定

Spring Step News Letter
のご登録