コスメの成分をちゃんと理解したい knowing about cosmetic ingredients

オイル

役割
肌をやわらかくし、乾燥を防ぐ(バター、オイル). 製品に粘度をあたえ、フォーミュラを安定させる (バター、ミツロウ)
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • ホホバ種子油
  • ロサルビギノサ種子油
  • ミツロウ
  • カルナウバロウ
  • カカオ脂
  • シアバターノキエキス
  • ショレアステノプテラ種子脂
ケミカル
  • 流動パラフィン
  • ワセリン
  • 鉱物油
  • マイクロクリスタリンワックス
  • ポリイソブテン
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • コールドプレス圧搾法で抽出した種子など、再生可能な資源
ケミカル
  • 石油、石炭由来
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • 必須脂肪酸が豊富で抗酸化作用が高く※2、ビタミンなどが豊富※1
  • 肌への浸透がよい※3
  • 保湿効果があり、肌に栄養を与え、補修する※4
  • 生分解性(土に還る)
ケミカル
  • 成分の製造の際に大気汚染を引き起こす※1
  • 肌への親和性がない※2
  • 肌の表面に残って毛穴をふさぐ※3
参考文献
ナチュラル・オーガニック
  • Chrubasik, C., et al., A systematic review on the Rosa canina effect and efficacy profiles. Phytotherapy Research 2008, 22, (6), 725-733
  • Müller, L., et al., Antioxidant Capacity of Tomato Seed Oil in Solution and Its Redox Properties in Cultured Macrophages. Journal of Agricultural and Food Chemistry 2013, 61, (2), 346-354
  • Ziboh, V. A.; Miller, C. C.; Cho, Y., Metabolism of polyunsaturated fatty acids by skin epidermal enzymes: generation of antiinflammatory and antiproliferative metabolites. The American Journal of Clinical Nutrition 2000, 71, (1), 361s-366s
  • Yoshida, S.; Yasutomo, K.; Watanabe, T., Treatment with DHA/EPA ameliorates atopic dermatitis-like skin disease by blocking LTB4 production. The Journal of Medical Investigation 2016, 63, (3.4), 187-191
ケミカル
  • Bart, J. C. J., et al., 11 - Environmental life-cycle assessment (LCA) of lubricants. In Biolubricants, Woodhead Publishing: 2013; pp 527-564
  • Concin, N., et al., Evidence for Cosmetics as a Source of Mineral Oil Contamination in Women. Journal of Women's Health 2011, 20, (11), 1713-1719
  • Ghadially, R., et al., Effects of petrolatum on stratum corneum structure and function. Journal of the American Academy of Dermatology 1992, 26, (3), 387-396

乳化剤

役割
乳化剤 : 水と油を混ぜる
保湿剤 : フォーミュラの中の水分を安定させる、肌への保水
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • 保湿剤 : グリセリン、ジグリセリン
  • 乳化剤 : クエン酸ステアリン酸グリセリル、オレイン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10
ケミカル
  • PEG-...
  • PPG-...
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • 再生可能な原材料の糖分や脂肪酸からつくられる※1
ケミカル
  • 再生不可能な原材料からつくられる化合物
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • 糖や脂肪酸からできているので、肌への親和性が高い※1
  • 生分解性(土に還る)
ケミカル
  • 肌への浸透を促す※2ため、肌刺激を起こす可能性が有る※1
  • 非生分解性、水質汚染※3
参考文献
ナチュラル・オーガニック
  • Xu, Y.; Wang, D.; Mu, X. Q.; Ni, Y. Q., Efficient esterification of sorbitan oleate by lipase in a solvent-free system. Journal of the American Oil Chemists' Society 2003, 80, (7), 647-651
ケミカル
  • Corazza, M., et al. Contact Sensitization to Emulsifying Agents: An Underrated Issue? Dermatitis 2016, 27, (5)
  • Fiume, M. M., et al. Safety Assessment of Propylene Glycol, Tripropylene Glycol, and PPGs as Used in Cosmetics. International Journal of Toxicology 2012, 31, (5_suppl), 245S-260S
  • Gheorghe, S., et al. (June 14th 2013). Ecotoxicological Behavior of some Cationic and Amphoteric Surfactants (Biodegradation, Toxicity and Risk Assessment), Biodegradation Rolando Chamy, IntechOpen, DOI: 10.5772/56199

ゲル化剤

役割
液状のものをジェル状にし、製品の安定性をよくする
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • キサンタンガム
  • スクレロチウムガム
  • カラギーナン
  • コーンスターチ
  • スクレロチウムガム
  • セルロースガム
ケミカル
  • アクリレーツコポリマー
  • カルボマー
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • 発酵、バイオテクノロジーで成分を抽出※2
ケミカル
  • 石油由来、合成樹脂由来
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • 生分解性※3(土に還る)
ケミカル
  • 非生分解性※1(土に還らない)
参考文献
ナチュラル・オーガニック
  • Palaniraj, A.; Jayaraman, V., Production, recovery and applications of xanthan gum by Xanthomonas campestris. Journal of Food Engineering 2011, 106, (1), 1-12
  • Cadmus, M. C., et al. Biodegradation of Xanthan Gum by Bacillus sp. Applied and Environmental Microbiology 1982, 44, (1), 5-11
ケミカル
  • Duis, K.; Coors, A., Microplastics in the aquatic and terrestrial environment: sources (with a specific focus on personal care products), fate and effects. Environmental Sciences Europe 2016, 28, (1), 2.

保存料

役割
バクテリアやカビ、菌の繁殖を防ぐ
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • 安息香酸Na
  • ソルビン酸K
  • デヒドロ酢酸
  • レブリン酸
  • アニス酸
ケミカル
  • パラベン
  • トリクロサン
  • メチルイソチアゾりノン
  • フェノキシエタノール
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • 発酵、バイオテクノロジーにより成分を抽出※2
ケミカル
  • 石油由来、合成樹脂由来
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • オーガニック認証のCOSMOSで認められている成分※1
  • 肌への刺激が少ない
ケミカル
  • ホルモンのバランスを乱す※1※2
  • 発がん性※3
  • 肌に刺激になったり、アレルギーを引き起こす可能性がある※4
  • 水質汚染※5
  • 肌を正常に機能させるために必要な細菌を減らす可能性がある※6
参考文献
ナチュラル・オーガニック
ケミカル
  • Wang, C.-F.; Tian, Y., Reproductive endocrine-disrupting effects of triclosan: Population exposure, present evidence and potential mechanisms. Environmental Pollution 2015, 206, 195-20
  • Boberg, J., et al. Possible endocrine disrupting effects of parabens and their metabolites. Reproductive Toxicology 2010, 30, (2), 301-312.
  • Dinwiddie, M. T., et al. Recent Evidence Regarding Triclosan and Cancer Risk. International Journal of Environmental Research and Public Health 2014, 11, (2), 2209-2217
  • Castanedo-Tardana, M. P.; Zug, K. A., Methylisothiazolinone. Dermatitis 2013, 24, (1)
  • Dhillon, G. S. et al. Triclosan: Current Status, Occurrence, Environmental Risks and Bioaccumulation Potential. International Journal of Environmental Research and Public Health 2015, 12, (5), 5657-5684
  • Yee, A. L.; Gilbert, J. A., Is triclosan harming your microbiome? Science 2016, 353, (6297), 348

保湿剤

役割
肌をやわらかくし、製品のテクスチャーをよくする
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • ヤシ油脂肪酸イソアミル
  • ミリスチン酸オクチルドデシル
  • ジカプリル酸プロパンジオール
  • コハク酸ジヘプチル
  • (カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマー
  • カプリル酸ヤシ油アルキル
  • ジカプリリルエーテル
  • スクワラン(植物由来)
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
ケミカル
  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シロキサン
  • メチコン成分名末尾が、-xane または –oneでおわるもの
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • 再生可能な原材料の糖分、脂肪酸からつくられる※1
ケミカル
  • 石油由来、合成油脂由来
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • 再生可能な原材料(主にヤシ油)
  • エネルギー資源をあまり使わずに製造できる
  • 生分解性
  • テクスチャーがよく、脂肪酸を肌まで届ける
ケミカル
  • テクスチャーを良くする
  • 肌表面や髪に残りやすく、落としにくい※1
  • ホルモンのバランスを乱す※2
  • 環境汚染の原因になる※3
  • 揮発性で肺から体内に吸収される※4
参考文献
ナチュラル・オーガニック
  • Dominguez de Maria, P., Industrial biorenewables; A practical viewpoint. 2016
ケミカル
  • Zareba, G,., et al. Percutaneous absorption studies of octamethylcyclotetrasiloxane using the human skin/nude mouse model. Skin Pharmacology and Applied Skin Physiology 2002, 15: 184–194
  • http://ansm.sante.fr/var/ansm_site/storage/original/application/5ffe30fa825c4a0c5ebcf9563072f106.pdf
  • Hong, W.-J. et al. Distribution, source, fate and bioaccumulation of methyl siloxanes in marine environment. Environmental Pollution 2014, 191, 175-181
  • Tran, T. M., et al. A survey of cyclic and linear siloxanes in indoor dust and their implications for human exposures in twelve countries. Environment International 2015, 78, 39-44.

紫外線防止剤

役割
紫外線吸収剤 : 紫外線を吸収することにより、日焼けを防ぐ
紫外線反射剤 : 紫外線を肌表面で跳ね返すことにより、日焼けを防ぐ
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
ケミカル
  • ホモサレート
  • オキシベンゾン-3
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オクトクレリン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • ミネラル(ナノは除外)
ケミカル
  • 化学合成成分
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • 紫外線反射剤※1
  • アレルギーを引き起こしにくい
  • 若干白くなる
  • オーガニック認証COSMOSではナノ化は禁止されている※2
  • 15~30分後に効果が出始める※3
ケミカル
  • 紫外線吸収剤※1
  • アレルギーを引き起こす可能性がある※2, ホルモンのバランスを乱す※3
  • 環境汚染の原因になる※4
  • べたつかず、白浮きしにくい
  • 15~30分後に効果が出始める※5
参考文献
ナチュラル・オーガニック
ケミカル
  • ZRai, R., et al. Update on Photoprotection. Indian Journal of Dermatology 2012, 57, (5), 335-342
  • Karlsson, I., et al. Clinical and experimental studies of octocrylene's allergenic potency. Contact Dermatitis 2011, 64, (6), 343-352
  • Suzuki, T., et al. Estrogenic and antiandrogenic activities of 17 benzophenone derivatives used as UV stabilizers and sunscreens. Toxicology and Applied Pharmacology 2005, 203, (1), 9-17
  • Fent, K., et al. A tentative environmental risk assessment of the UV-filters 3-(4-methylbenzylidene-camphor), 2-ethyl-hexyl-4-trimethoxycinnamate, benzophenone-3, benzophenone-4 and 3-benzylidene camphor. Marine Environmental Research 2010, 69, S4-S6
  • Diffey, B. L., When should sunscreen be reapplied? Journal of the American Academy of Dermatology 2001, 45, (6), 882-885

色素

役割
化粧品や髪のカラー剤に色をつける
ナチュラル・オーガニック ケミカル
成分名 消費者がパッケージを見て
製品の中身を知るための成分の名前
ナチュラル・オーガニック
  • 黄土(黄色)
  • アントシアニン (赤)
  • ウルトラマリン(青)
  • マンガン(紫)
  • クロロフィル (緑、オレンジ)
  • 自然由来のマイカ
ケミカル
  • パテントブルーV
  • コチニール
  • 黄203
  • 合成由来のマイカ
由来 消費者が気になる、
成分の由来とその性質
ナチュラル・オーガニック
  • 植物由来、ミネラル成分(ナノは除外)
ケミカル
  • 動物由来、有機合成化学物質
長所/短所 肌への感触、効能、環境への影響を比較
ナチュラル・オーガニック
  • 自然由来の再生可能な資源
  • アレルギーを引き起こす可能性が低い
  • オーガニック認証COSMOSではナノ化は禁止されている※1
ケミカル
  • アレルギーを引き起こしたり、肌に刺激になることがある※1
  • 発がん性のおそれ※2
  • 環境汚染の原因になる※3
参考文献
ナチュラル・オーガニック
ケミカル
  • Davari, P.; Maibach, H. I., Contact urticaria to cosmetic and industrial dyes. Clinical and Experimental Dermatology 2010, 36, (1), 1-5
  • Chung, K.-T., Azo dyes and human health: A review. Journal of Environmental Science and Health, Part C 2016, 34, (4), 233-261
  • Jain, R.; Sikarwar, S., Removal of hazardous dye congored from waste material. Journal of Hazardous Materials 2008, 152, (3), 942-948
Spring Step News Letter
のご登録