【体の火照り】に効果的なフィトセラピーレシピ Phytotherapy Recipe

症状解説

体の表面が火照っていても内側は冷えているかもしれん。50代前後の方なら、更年期障害かな、と思うかもしれませんが、人間50年も生きてくると余計なものを体に溜め込んでいるということがあります。食べ過ぎ、飲み過ぎ、甘いもの、動物性油脂、人工添加物、化学薬品等々。まず体のリセットだと思って体のお掃除をしてみましょう。
体のお掃除には繊維質のものが役立ちますので、“未精白のものを摂り、野菜の皮は原則剥かない”を心がけて、玄米菜食の一汁三菜のダイエットをしてみてはいかがでしょうか。
食べる時はよく噛むようにしてください。
お汁にシナモンを効かせたスープもお薦めです。

レシピ

共通
「シナモン風味のスープ」
[材料一人分]
玉ねぎ 50g
大根 60g
大豆またはひよこ豆 1/4カップ
じゃが芋 1個
人参 30g
昆布 出汁1カップ
菜種油 小さじ2
ローリエ 1枚
シナモンスティック 1本
海塩 小さじ1
胡椒 少々
[作り方]

大豆またはひよこ豆は6~7時間水に浸しておく


鍋に菜種油を熱して微塵切りにした玉ねぎを炒め、次に2~3cm大に切ったじゃが芋を加えて炒め、1cm角に切った人参、大根をさらに加える


昆布出汁、ローリエ、シナモンスティックを加えて煮る


野菜がやわらかく煮えたら、海塩と胡椒で味をととのえる

※豆を浸水したり、煮るのが待てない人は、沸かしたライスミルクにきな粉、シナモンパウダーをたっぷり入れてどうぞ。またはきな粉に豆乳、シナモンパウダーをたっぷりと、麻の炭を少々入れるのも良いでしょう

関連ページ

Spring Step News Letter
のご登録