【脚・足の浮腫み】に効果的なフィトセラピーレシピ Phytotherapy Recipe

症状解説

脚のむくみがふくらはぎにきている時は、ふくらはぎをマッサージして、滞った流れをほぐすのもむくみ緩和の一つですが、根本的には内臓のケアが必要かもしれません。特に腎臓や心臓に問題があり、塩分を摂り過ぎていると、日頃からむくみやすくなります。
足のくるぶしあたりがむくむのは心臓からきていると見ますので、心臓のケアが必要です。
腎臓、膀胱が健全でなく、お小水が出にくかったりして水分代謝が悪いときは、小豆、南瓜、昆布の組み合わせが有効です。

レシピ

陽:お小水が出にくい時は
「小豆南瓜」
[材料(作りやすい分量)]
小豆 1カップ
南瓜 150g
海塩 小さじ1
[作り方]

小豆を鍋に入れ、上に2cmくらいかぶる程度の水を加えて蓋をせずに中火で水がなくなるまで煮る


水が干上がったらさらに2cmくらいかぶる程度の水を一気に加え、今度は蓋をして煮て、汁が沸いてきたら弱火にしてコトコトとゆっくり煮る


小豆がやわらかく煮えたら、海塩を加えて混ぜ、2cm角に切った南瓜を加えて煮る


南瓜がやわらかくなったら火を切り、しばらく蒸らす

※水気が少し残るくらいで仕上げるのが良い、水気があると胃に留まらず腸まで届く

※1日に1/2カップ程度を何日かに分けて食べると良い
陽:心臓のポンプ機能が悪く水分の流れが滞っているときは
「レモン水」
妊婦さんがなりやすいのですが、塩分を少し多く摂ったりすると脚がむくんだりします。
そんな時はレモン1個分の果汁に水を加えて飲むか、寒い時はホットレモンにして飲むと良いです。
陰:お小水が出過ぎる時は
「小豆昆布」
[材料(作りやすい分量)]
小豆 1カップ
昆布 3×10cm大
海塩 小さじ1
[作り方]
小豆と細かく刻んだ昆布を鍋に入れて「小豆南瓜」の要領で煮る
陰:元気がなく、疲れを感じ、心臓の動きが悪いなど遅脈を感じる時は
「梅しょう番茶」
[材料一人分]
三年番茶 大さじ山1
水 1カップ
梅干し中 1個
生姜汁 小さじ1/4
醤油 小さじ1/4
[作り方]

水1カップに三年番茶を加えて煮出す


梅干しは果肉をお茶碗の中ですり潰し、生姜の絞り汁、醤油を加えて混ぜ合わせ、煮出した熱い三年番茶を注ぐ

※梅干し、生姜、醤油の量は目安です、自分がおいしく感じられる量で作ってみてください

※これは心臓がドキドキと動悸がするとか、貧血、低血圧、眠気がきてフラフラする時など、様々な時に効果がある飲料です。梅、生姜、醤油の3つで「梅しょう」、それに「番茶」を加えると覚えましょう

※心臓を本格的にケアする場合は、他の方法も併用する必要があります

関連ページ

Spring Step News Letter
のご登録