【風邪(鼻水)】に効果的なフィトセラピーレシピ Phytotherapy Recipe

症状解説

ウイルスが体内に入ると身体を守ろうと鼻腔から鼻水を分泌します。鼻水が出る時は、体が冷えているので温めることが大事です。鼻水をティッシュぺーパーで何度も拭き取っているうちに鼻の下が赤くなってしまいます。できるだけ早く鼻水を出すよう、生姜湿布のお手当を鼻を中心として顔全体にすると効果的です。

レシピ

陽:ドロっとした青鼻水に
「長ねぎの焼き味噌ドリンク」
[材料一人分]
長ねぎ 1/2(ねぎの白い部分を主に使う)
米味噌 1cm角のキューブができる量
[作り方]

お湯を沸かしている間に、長ねぎの白いところを細かく小口切りにする


米味噌を1cm角のキューブ状にしてフライパンで四面を焼く


お茶碗に刻んだ長ねぎ、焼いた米味噌を入れ、熱湯を注いでよく混ぜ、熱々をいただく
陰:寒気があり水っぽい鼻水に
「ねぎ味噌」
[材料一人分]
長ねぎ 1本または玉ねぎ160g
豆味噌 大さじ2
炒りごま油 大さじ1
[作り方]

長ねぎまたは玉ねぎは微塵切りにして、炒りごま油で炒める


豆味噌を加えて一緒に炒める(この時に少し水を加えてゆるめても良い)

※ご飯に添えるか、パンやカナッペに塗って食べても良い
また沸かした出汁を注ぎスープに仕立てても良い

関連ページ

Spring Step News Letter
のご登録