【飲み過ぎ】に効果的なフィトセラピーレシピ Phytotherapy Recipe

症状解説

飲み過ぎといえば、アルコール飲料の飲み過ぎと思われがちですが、水やジュースなども含めて水分の摂り過ぎは、血を薄め、腎臓や膀胱の負担を大きくするため、良くありません。
とくにアルコール分を飲み過ぎると、血管を一時的に膨張させ、アルコールが抜けると極端な水分過剰により体を冷やすことになり、その差が大きいと粘膜や体の内膜の老化を早めます。アルコール分を綺麗にし、粘膜を労わるようにしなければなりません。

レシピ

陽:まだアルコールが抜けていない
「柿の葉茶の薄葛湯」
[材料一人分]
柿の葉茶 5g
葛 小さじ1
レモン汁 大さじ1
[作り方]

柿の葉茶を水1カップで煮出して漉し、水溶きした葛を加えてとろみをつける


レモン汁を加える
陰:アルコールが抜けていて寒気がきている
「粟粥」
[材料一人分]
粟 1/3カップ
海塩 少々
梅干し 中1個
海苔 1/4枚
[作り方]

粟は洗って3〜4倍の水で30分炊き、海塩を少々いれる


梅干しの果肉と海苔をちぎったものを和えて粟粥に添えていただく

関連ページ

Spring Step News Letter
のご登録