【寝つきが悪い方】に効果的なフィトセラピーレシピ Phytotherapy Recipe

症状解説

寝つきが悪いのは、副交感神経より交感神経が優位にあるため、興奮していたり、攻撃的になるような心配事・ストレスがあるのかもしれません。夕食は交感神経をなだめるようなドリンクや食べものにすること、18時以降は飲食しないことが望ましいです。
また、体が冷え切って眠れないということもあります。そんな時は体が温まるようなものをいただくと良いでしょう。体が温まると自然に眠気がやってきます。

レシピ

陽:イライラして興奮気味の方に
「カモミールのオートミールリゾット」
[材料一人分]
オートミール 1/3カップ
カモミール、リンデン、レモングラスなど軽いハーブ茶 5g
海塩 少々
[作り方]

オートミールは水1カップに浸して沸かし5~6分炊いて、海塩で味をととのえる


①に煮出したハーブ茶を注ぐ
陰:体が冷えていて意気消沈している方に
「味噌リゾット 生姜を効かせて」
[材料一人分]
玄米 1/3カップ
麦味噌 10g
海苔 1/4枚
長ねぎ 5~6cm
おろし生姜 小さじ1/2
[作り方]

玄米は洗って一晩浸水し2カップ(6倍)の水で2時間炊く


炊きあがった玄米粥の火を止め、麦味噌、長ねぎの小口切り、おろし生姜小さじ1/2を加え蓋をしてしばらく蒸らす


器によそい海苔の細切りをトッピングする

関連ページ

Spring Step News Letter
のご登録